寒くなるとアツアツのおでんを食べたくなる

冬の寒い時期になると次第に存在感が増してくる「おでん」ですが、もちろんおでんはコンビニで売っているものばかりではありません。
家庭料理としておでんを作ることもできますし、サラリーマンたちの集まる「おでん屋台」もあります。

そんな誰もに親しまれている「おでん」ですが、地域によって出汁や具材にかなり違いが出ることはご存知でしょうか。
そばやうどんなどのように、関東風は「濃いめ」、関西風は「薄目」の味付けになっているのはおでんでも実は同じなのです。
他にも、関西ならではのおでんネタ、東北ならではのおでんネタ、中部、九州、沖縄……と、各地によっておでんの特色は大きく異なるのです。
そういったおでんを、各家庭でアレンジしながら、家庭料理として楽しめるのも、一つの魅力かもしれません。

家庭でおでんを作る場合は準備に並ではない手間が必要なところが難点ですが、時間と手間をかけた分、じっくりと団らんしながら楽しめるおでんが出来上がります。
おでんの場合は、肉や魚など主役となる食材がないことが、一番の特徴といえるでしょう。
逆にいえば、おでんの主役となるのはそこに使われる食材すべてともいえ、おでんを囲む人が自分の好きに楽しむことができます。

そして、おでんで暖まりながら日本酒を楽しむことも、大人の楽しみの一つですよね。
おでんに様々な違いがあるように、日本酒にも非常に多くの種類があります。
おでんに日本酒はぴったりの組み合わせですが、おでんの地域性に合わせて、チョイスする日本酒を変えてみるのも面白いでしょう。
それぞれのおでんの特徴を見ながら、それに抜群の相性を発揮できる日本酒を、いくつかご紹介します。

様々なおでんの違いを知った後は、やはり地元のおでんを楽しむのが一番です。
身近な場所にあるおでん屋台に出向いて、そこに集まっているサラリーマンと一緒に、お酒とおでんを囲むのも一つの楽しみですね。
移動式の屋台で風情を楽しみながらおでんを食べることもできますし、あくまで「屋台風」のおでん屋さんで、豊富な種類の日本酒をお供におでんを食べることもできます。
コンビニでいつも見かけるおでんも良いですが、そこだけではわからない多様なおでんの特色を知ってみましょう。
これまでは知らなかった、いろいろなおでんの楽しみ方を見つけられるのではないでしょうか。
これからますます寒くなる時期に、おでんが欲しくなったときのヒントにしてみてください。

おでんと相性のよいお酒

寒い時期になると食べたくなる「おでん」ですが、そこでお供になるお酒が欲しくなるもの。
おでんと一緒に飲んで相性が良いお酒といえば、やはり日本酒でしょう。
日本酒ならば、冷やはもちろん熱燗、ヌル燗と、温度も幅広く楽しむことができます。

おでんでも種類が多いのは、湯豆腐や厚揚げ、がんもどきといった「豆腐ベース」の具。
しっかりと生地に出汁がしみこんで、じわっと旨味を楽しめるものです。
そんな豆腐類には、ハクレイ酒造の「京女」がおすすめです。
とろりとした甘味のある「京女」ならば、なめらかなお豆腐類と高い相性を発揮できます。

また関西風のおでんなら、「牛すじ」が大きな存在感を持っていますよね。
そんな関西風のおでんには、広島のお酒「賀茂鶴」がぴったりの相性です。
賀茂鶴は辛口ですが柔らかさもあるお酒ですので、濃い味の牛すじとも抜群の相性があります。

おでんのメインに練り物を据えるのならば、「菊正宗」は鉄板のお酒です。
練り物の柔らかい旨味にぴったりで、どこか安心感を感じられる組み合わせですね。
熱燗で合わせれば、熱々のおでんの旨味を存分に楽しめることでしょう。

そして、おでんといえば「大根」も欠かせませんね。
出汁をじっくりしみこませた大根は、関東風のおでんでも、関西風のおでんでも必須の存在です。
そんな大根には、宮城の「伯楽星」がおすすめです。
余韻が残るお酒なら、味がしっかりとしみこんだ大根と合わせてベストな組み合わせになることでしょう。

家庭でおでんを作る場合もそうですが、どんな具をメインに据えるかによって相性の良いお酒も変わってきます。
おでんにどんなお酒を合わせるか、これもおでんを楽しむときの一つのポイントといえるかもしれませんね。

夢のマイショップ!!儲かる雑貨店にするための秘訣

自分のセンスで選んだ商品を、多くのお客様に手にとってもらいたい。そんな夢を持っている方に、必ず覚えていて欲しいポイントがあります。売れるお店は何が違うのか、確認しておきましょう。

ターゲットを絞って“○○ならここ”と言われよう

せっかく出したお店ですので、多くの方に知ってもらいたいと考えがちです。しかし、ここは発想を変えましょう。「コレが欲しい。見つけたらすぐ買いたい。」と思っている方に来てもらえるよう、客層をできるだけ絞ってください。

雑貨店は、女性にとっておもちゃ箱のような存在で、居るだけで楽しく、つい長居してしまいます。これは一方で、買わずに帰る方が多いということでもあります。これでは、仕入れ・維持費ばかりがかかって、赤字になるのも時間の問題です。

ターゲットをしっかりと絞ったショップであれば、この心配がいりません。性別・年齢・趣味・悩み事・仕事・収入・休日などできるだけ細かく考えると良いでしょう。例えば、ペット向け雑貨を扱いたいのであれば、脚にトラブルを抱える犬専門のお洋服など、ごく狭く絞ります。

コアな悩みを持つ方は、仲間で情報交換をします。その時に話題に挙がるような存在を目指しましょう。固定客が着けば、ショップ経営が軌道にのるまで、もうすぐです。

2種類のお客様視点を意識する

“お客様視点”と聞くと、どんなことをすれば満足してもらえるかという点に着目しがちです。もちろんこれも大切なポイントですが、もう1つ忘れてはならないのが、目の高さです。

来店される方のおおまかな身長をイメージしましょう。お店に入ってぱっと目に入る高さに、売りたい商品を置くよう、ディスプレイを工夫して下さい。さらに、お子さん連れの方中心のお店でしたら、子どもの目の高さ・ベビーカーの高さ・抱っこ紐の高さに、子ども向けグッズを置きます。

このテクニックは、実は多くのお店が実践しています。コンビニ店のおでんも、レジで財布に目を落とす時、視界に入るような高さに必ずあります。値段も手頃なため、ついつい1本プラスして買ってしまうという買い手の視点を意識した配置です。お客様の目を留め・足を止めるポイントを、しっかりと押さえ工夫しましょう。

雑貨店は、ニーズは高いものの売上に結びつきにくいジャンルとされています。人気を集めるため、スタート前にしっかりと自分のプランを見直して下さい。ほんの少しの工夫で、雑誌に載るようなショップになるのも夢ではありません。